ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

2022年最強吉日

「東京」では2022年3月20日に、『桜(ソメイヨシノ)』の開花宣言が発表され、ドンドンと暖かくなってきたかと、思いきやまさかの2日後には『雪』が降り、まだまだ寒いのと暖かいのが行ったり来たりの不安定な季節となっています。

 

 

 

 

 

とは言え、少しずつ花も開いているので、もう少しで『桜』も見頃の季節ですね。

 

 

 

 

 

 

そんな中で2022年、最も運気の良い日が間もなくやってきます。

 

 

 

 

 

 

その日と言うのが、2022年3月26日土曜日。

 

 

 

 

 

特に、この日は『金運』には最強の吉日となっています。

 

 

 

 

 

と言うのもこの日は『天赦日』+『一粒万倍日』+『寅の日』となっているんです。

 

 

 

 

 

さらに今年は『寅年』。

f:id:TOTAN:20220324015153j:image

 

 

 

 

 

 

『天赦日』と言うのは、この日だけは『神様(天)』が万物を赦す日となっていて、すべてのことが良いとされている日です。

 

 

 

 

 

また『一粒万倍日』とは、一粒の籾(もみ)が

万倍にもなって実る日となり、こちらも何を始めても良い日とされています。

 

 

 

 

 

ただし、この日に人からお金を借りるなどの借金をすると、それも万倍になって返ってきてさしまうので、ご注意下さい!

 

 

 

 

この2つが重なるのは1年に数回しか無い、最強吉日に、さらに『金運』に良いとされる『寅の日』が重なるのが、2022年は3月26日だけなんです。

 

 

 

 

 

では一体、具体的には何をすれば良いかと言うと、新しい財布の購入や使い始めたり、開業・開店はもちろん、新しく仕事を始めたり、新しく銀行口座を開設したり、宝くじを購入したりすると良いとされています。

 

 

 

 

 

 

基本的には『新しく何かを始める!』のに吉日となっているんですね。

 

 

 

 

 

また、この日は『先勝』と『日本』の暦ではなっています。

 

 

 

 

 

『先勝』とは字の如く、「先にすれば必ず勝つ」ことが出来る日となっていて、午前中は吉日となり、午後からは凶日となっています。

 

 

 

 

 

だから、朝早く起きて何か新しいことをすると良い日なんですね。

 

 

 

 

 

この日は土曜日と言うことで、休日の方も多いと思いますが、この日だけは朝早く起きて、太陽の光を浴びて、気持ちの良い1日をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

もしかしたら、そこには新たな発見があるかもしれませんよ!

 

 

 

 

 

特に『寅年』である今年は『九星気学』では『五黄土星』となっており、『南』・『西』・『北西』・『北東』がすべての人に『吉方位』となっています。

 

 

 

 

だから朝早く起きて、朝食をしっかりと食べて、『黄色』の物を身につけて『吉方位』の方角に出掛けると良いことが起こるかもしれません。

 

 

 

 

 

特に朝食でおすすめなのが、これも『金運』に良い食材とされている「たまご」。

 

 

 

 

「たまご」はビタミンC以外のすべての栄養素を含んでいる別名『完全栄養食』とされているので、是非食べてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

「寅」も「たまご」も『黄色』も『金運』の上がる象徴とされていますから、これを意識しながら行動すると、宝くじも当たるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

ただし、『五黄土星』とは破壊と創造の波瀾万丈の運勢とされており、今年は『西南西』が凶方位となっているので、なるべくならこの方角には行かない方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

特に『金運最強吉日』のこの日には。

 

 

 

 

 

余談ですが、『寅年』は『毘沙門天』の加護があるとされています。

 

 

 

 

 

その由来は『聖徳太子』が『物部守屋』の討伐を『信貴山』で祈願したところ、寅年・寅の日・寅の刻に『毘沙門天』が現れ、必勝法を学んだとされていることから始まります。

 

 

 

 

 

また、『鞍馬寺』でも寅年・寅の日・寅の刻に『毘沙門天』が現れたことから、この本尊の一尊となっており、毎年初めの寅の日には『初寅大祭』を、寅年の『正月』には次の寅年までの12年間を守護すると言われる『牛王宝印』が授与出来ます。

 

 

 

 

 

今回のは1月1日が寅年・寅の日だったのでさらに縁起が良さそうですね。

 

 

 

 

 

『関東』では、『大岩山 毘沙門天』が約260年で始めて御本尊である『毘沙門天』を春ごろまで「出開帳」されており、次の機会はいつになるか分からないとのことなので、是非御参拝下さい。

f:id:TOTAN:20220324032142j:image

(上記は『大岩山 毘沙門天』公式ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

 

そして、上記にあげた3寺院が『日本三大毘沙門天』となっているので、機会があれば、今年中に全て訪れてみたい『パワースポット』となっています。

 

 

 

 

 

 

そんな2022年3月26日は寅づくし+2つの吉日が合わさった日ですので、頭の片隅にでも置いて置きながら、行動すると良いことが起こるかもしれませんよ!

 

 

 

 

『気は持ちよう!』で全ては異なりますから。