ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

灌仏会(かんぶつえ)

先日、4月8日は『仏陀ブッダ)』の誕生を祝う『灌仏会(かんぶつえ)』の日でした。

f:id:TOTAN:20210412151632j:image

(上図は「奈良県」の『東大寺』から引用。)

 

 

 

 

通年では、「花まつり」や「お稚児行列」が行われて、こどもたちは華やかな平安衣装をまとい、市内を周り、それをおとなたちは見守りながら支えると言う風習ですが、今年はほとんどの場所で中止になっています。

 

 

 

 

 

 

そんな中で『日本』で『仏教』を広めた人物の没後、1400年遠忌の法要が『法隆寺』で行われました。

 

 

 

 

 

 

さらに、これに関連するさまざまなイベントが今年は行われ、たくさんの『国宝』などが展示される予定になっていますが、「コロナ対策」をしっかりとした上で、拝見したいものです。

 

 

 

 

 

と、この『日本』に『仏教』を広めて没後1400年の人物、もうお分かりですよね。

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

聖徳太子

f:id:TOTAN:20210413074704j:image

 

 

 

 

 

またの名を、『厩戸王(うまやどおう)』。

 

 

 

 

 

第33代『推古天皇』を『摂政』として補佐し、『冠位十二階』や『十七条憲法』などを制定し、『天皇』を中心とした中央集権国家体制の確立を行った人物です。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、不思議なことにお気づきでは無いでしょうか?

 

 

 

 

 

聖徳太子』の別名の『厩戸王(うまやどおう)』。

 

 

 

 

 

 

「うまやど」といえば、『イエス・キリスト』が馬小屋で産まれたというのは、有名ですね。

f:id:TOTAN:20210413125718j:image

 

 

 

 

実は、『仏陀ブッダ)』も馬小屋に産まれたという伝説があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、『聖徳太子』の母親も馬小屋の前で産気づき、産まれたので『厩戸王』という名がつけられたというのです。

 

 

 

 

 

 

さらに、『聖徳太子』が生まれた593年は「午年」になります。

 

 

 

 

 

 

 

キリスト教』と『仏教』そして『仏教』を『日本』で広めた『聖徳太子』がここで繋がるのです。

 

 

 

 

 

 

聖徳太子』は第33代『推古天皇』の『摂政』です。

f:id:TOTAN:20210413194455j:image

 

 

 

 

 

 

この「33」という数字。

 

 

 

 

 

 

あの世界最古の秘密結社『フリーメイソン』の最上位のランクは「33」。

f:id:TOTAN:20210413194844j:image

 

 

 

 

 

 

 

そして、『聖徳太子』の命日。

 

 

 

 

 

 

それが、4月8日。

 

 

 

 

 

 

仏陀』が生まれた日、『灌仏会』の日なんです。

 

 

 

 

 

 

 

これは偶然なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、『聖徳太子』が生まれた日は、2月7日になります。

 

 

 

 

 

 

そして、余談ですが1952年のこの日に「埼玉県入間市金子町」である事件が起きます。

 

 

 

 

 

それが、『埼玉県金子村B29墜落事故』。

 

 

 

 

 

この事件は「朝鮮戦争」真っ只中、「東京都」にある『米軍基地 横田基地』から爆弾をつんだB29が「埼玉県入間市金子町」で墜落・爆発し、村人4名・乗員13名が死亡した事件です。

 

 

 

 

 

 

 

乗員13名の「13」という数字。

 

 

 

 

 

 

これは、『キリスト教圏』では、不吉な数字となっています。

 

 

 

 

 

例えば、「13日の金曜日」とか死刑囚がのぼる階段が13段あるとか。

 

 

 

 

 

 

そして、『フリーメイソン』ではこの「13」という数字は『聖数』となっています。

 

 

 

 

 

 

また、1952年を『昭和』に直すと『昭和27年』。

 

 

 

 

 

これも偶然なのでしょうか。

 

 

 

 

 

『昭和27年2月7日』。

 

 

 

 

 

2+7+2+7=18。

 

 

 

 

 

 

悪魔の数字「6・6・6」。

 

 

 

 

 

6+6+6=18。

 

 

 

 

 

 

話は戻しますが、『仏陀』が入滅から56億7千万年後に世界を救う救世主、『弥勒菩薩』が現れるといわれています。

f:id:TOTAN:20210413203822j:image

(上記は『国宝 木造弥勒菩薩半跏像』を引用。)

 

 

 

 

 

 

この『弥勒菩薩』が安置されているのは『聖徳太子』が建立した「京都府右京区太秦」にある『広隆寺』です。

 

 

 

 

 

 

そして、この寺院は「秦氏の氏寺」ともなっており、「秦氏」は渡来系の民族あり、『聖徳太子』とともに『天皇家』を支え活躍した人物、『秦河勝』などを輩出しています。

 

 

 

 

 

 

秦氏」とは「中国」で初めて『皇帝』となった『秦の始皇帝』の末裔になります。

 

 

 

 

 

 

また、『始皇帝』は馬を使った戦術で「中国」を統一しました。

f:id:TOTAN:20210413210039j:image

 

 

 

 

 

そして、『皇帝』となった前247年は「午年」なんです。

 

 

 

 

 

ここでも繋がってきましたね。

 

 

 

 

 

さらに、『仏陀』が入滅後、56億7千万年後に『弥勒菩薩』が救世主と現れるという話。

 

 

 

 

 

 

 

56億7千万年後→「5・6・7」→「コロナ」。

 

 

 

 

 

そして、5+6+7=18。

 

 

 

 

 

さらに、『弥勒菩薩』の「ミロク」は数字にすると「3・6・9」。

 

 

 

 

 

これを足すをやはり「18」になります。

 

 

 

 

 

「ミロク」→3つの6で「6・6・6」。

 

 

 

 

 

 

 

これも偶然なんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

聖徳太子』の死後、「平安時代」に『仏教』をさらに『日本』で広めた人物、『最澄』と『空海』がいます。

 

 

 

 

 

 

彼らは『遣唐使』として、現在の「中国」に渡り最新の文化や技術・宗教を教わりに行った人物たちです。

 

 

 

 

 

そして、これはもともと『遣隋使』として『聖徳太子』が始めた事業です。

 

 

 

 

 

 

この時、『最澄』と『空海』が持ち帰ってきたのが『密教』。

 

 

 

 

 

密教』とは「秘密の宗教」と言う意味です。

 

 

 

 

 

 

では、その「秘密の宗教」とは何か?

 

 

 

 

 

 

それが『景教』です。

 

 

 

 

 

 

景教』とは、『キリスト教』を「中国」での呼び方。

 

 

 

 

 

 

それを『日本』に持ち帰ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

世界で最も発行部数がある本と一緒に。

 

 

 

 

 

 

その本というが…。

 

 

 

 

 

 

『聖書』。

 

 

 

 

 

 

 

『聖書』は『キリスト』が産まれる前の『旧約聖書』と産まれた後の『新約聖書』があります。

 

 

 

 

 

 

これを『最澄』と『空海』が2人で『日本人』にも分かりやすい解釈で広めていったのです。

f:id:TOTAN:20210413214206j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

最澄』は『旧約聖書』を、『空海』は『新約聖書』を。

 

 

 

 

 

 

 

最澄』の『天台宗』を基本としている現在の『日本の仏教』の開祖は、ほぼここで修行をしています。

 

 

 

 

 

 

むしろ、『天台宗』で直接的に修行していないのは『時宗』の開祖『一遍』だけなのです。

f:id:TOTAN:20210413215057j:image

 

 

 

 

 

 

ただ、間接的には『天台宗』と関係があるので全てがここに繋がっているんですね。

 

 

 

 

 

 

旧約聖書』に…。

 

 

 

 

 

 

逆に『新約聖書』を元にした『空海』の『真言宗』。

 

 

 

 

 

 

どちらかと言うと、そのような派生は無く1200年もの間、独自の宗教解釈で庶民に親しまれてきましたよね。

 

 

 

 

 

京都府にある『東寺』とか。

f:id:TOTAN:20210413220039j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

『東寺』は『空海』が民衆のために建立した「寺院」であり、「明治維新」前の「戊辰戦争」の始まり、『鳥羽・伏見の戦い』の際にその状況を伺うために、指揮官である「西郷隆盛」がわざわざ最上階に登り、その状況を見ていたほどの高い場所です。

 

 

 

 

 

 

それだけ、『京の都』に住む民衆は『朝廷=天皇家』を愛し、誇りに思っており、その時代の流れが伺えますね。

 

 

 

 

 

「徳川よりも朝廷だ!」と。

 

 

 

 

 

 

そして、『空海』は『聖徳太子』の生まれ変わりとも言われています。

 

 

 

 

 

 

さらに『空海』は『日本各地』を周り様々な逸話を残していますが、その際に光輪が現れていたといいます。

 

 

 

 

 

そこから『空海』=『大日如来』=『天照大御神』と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

空海』=『聖徳太子』=『キリスト』…。

 

 

 

 

 

 

天照大御神』は『天皇家』の皇祖神です。

 

 

 

 

 

そして、『天照大御神』など『日本の神』を祀るが『神社』。

 

 

 

 

 

 

 

『神社』を英語にすると『Shrine』。

 

 

 

 

 

 

真ん中の「R」を抜くと「Shine=光輝く」となりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、この「R」をアルフェベットの順にすると、それは「18」番目になります。

 

 

 

 

 

これも、偶然なんでしょうか?

 

 

 

 

 

ここまで偶然が続くともはや必然としか思えませんね。

 

 

 

 

 

 

『仏教』・『キリスト教』・『日本の仏教』・そして『フリーメイソン』・『13』・『18』『33』。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、全ては裏でら繋がっているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

都市伝説としては…。