ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

ビックマック指数

2021年11月23日、『日本』では『勤労感謝の日』という祝日になります。

 

 

 

 

 

これは、実は古来から行われてきた『宮中行事』のひとつであり、中でも最も重要な日とされていた事、そして本来の呼び方は全然違う『祭日』であったことを皆さんはご存知だったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

その本来の呼び方というのが、

 

 

 

 

 

新嘗祭

 

 

 

 

 

 

これは、『天皇』がその年に収穫した作物を『神』に感謝すると共に、これらの供物を自ら口にし、食する『宮中行事』で最も重要な儀式のひとつです。

 

 

 

 

 

 

そんな中でこの日、『日本』は約4年8ヶ月ぶりに1ドル=115円台前半と、『円安』水準をつけました。

 

 

 

 

 

と、ここで為替相場で良く聞く、『円安』・『円高』、もしくは『ドル高』・『ドル安』とは一体なんなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

分かりやすく言うと、1ドル=100円だったとします。

 

 

 

 

 

それを基準として、今日の為替が1ドル=120円になったとします。

 

 

 

 

 

 

そうなると、今まで100円で1ドルに替えることが出来たのに、今日はプラス20円多く出さなければ行けなくなります。

 

 

 

 

 

これは1ドルを基準とした時に、『日本円』の価値が安くなったからと言うことになります。

 

 

 

 

 

 

だから、『円安』もしくは『ドル高』と言われるのです。

 

 

 

 

 

 

逆に翌日の為替が1ドル=80円になったとします。

 

 

 

 

 

となると、この日はマイナス20円も少なくて交換が出来ます。

 

 

 

 

 

これは『日本円』の価値が高くなったと言うことであり、『円高』もしくは『ドル安』と言うことになります。

f:id:TOTAN:20211124173528j:image

 

 

 

 

 

このように、『世界経済』と言うのは回っているのですが、その代表的なものが輸出・輸入となり、これがうまくバランスが取れていないと行けないのです。

 

 

 

 

 

なぜなら、為替相場の影響が株式市場にも影響が出て来てしまうためです。

 

 

 

 

 

あまりにも『円高』だと輸出企業は、儲けが少なく、輸入企業は得をします。

 

 

 

 

 

逆に、あまりにも『円安』だと輸出企業は儲けが多くなり、輸入企業は損をします。

 

 

 

 

 

そうなると、商品を買わなくなったり、逆に商品を大量購入したりしますよね。

 

 

 

 

 

 

商品が買われなくなったら、その企業の株価は下がり、逆に商品がたくさん売れたら、その企業の株価は上がると言う株式市場。

 

 

 

 

 

 

 

だから、安定した為替相場が重要なのです。

 

 

 

 

 

 

さて、『日本』は「アベノミクス」以来、物価安が続いています。

 

 

 

 

 

物価安と聞くと何か、お得感を感じて良い気がしますが、これが続くとその国は『不景気』となるのです。

 

 

 

 

 

 

そして、これをある商品で指数化した『経済用語』があることをご存知でしょうか。

 

 

 

 

 

 

その『経済用語』というのが。

 

 

 

 

 

 

ビックマック指数』。

f:id:TOTAN:20211125084855j:image

(上記は『マクドナルド』公式アプリ メニュー 「ビックマック」より引用。)

 

 

 

 

 

これは1986年9月に『イギリス』の経済誌、「エコノミスト」で考案されて以来、毎年掲載されている、各国の経済力を測る指数になります。

 

 

 

 

 

世界各国、ほぼ同一品質で販売されている「ビックマック」を、その国の原材料費や光熱費、店員の賃金などによって、その料金が違うため、購買力の比較・そしてその国の賃金水準を推測出来るものになっています。

 

 

 

 

 

 

具体的には、『アメリカ』の「ビックマック」を基準(0%)とした値段を、各国の値段と比較した時に、+◯◯%・もしくは−◯◯%という数値で表しています。

 

 

 

 

 

例えば、我が国『日本』の「ビックマック」の値段は390円になります。

 

 

 

 

2021年月11月23日時点では、これを1ドル=115円に換算すると、

390(円)÷115(円)=3.39(ドル)になります。

 

 

 

 

それに対して、『アメリカ』の「ビックマック」が5.65ドル。

 

 

 

 

3.39(ドル)÷5.65(ドル)=0.6となるので、『日本』の「ビックマック」は、『アメリカ』の「ビックマック」の値段の6割しかないんです。

 

 

 

 

 

そして、2020年の各国の平均賃金を比較してみると『アメリカ』が69,392ドルに対して『日本』は38,515ドル。

 

 

 

 

 

これは約55%となり、『ビックマック指数』とほぼ同じ数字となるんです。

 

 

 

 

そして、ここで何が怖いかというと、その国の『ビックマック指数』が、その国の賃金の国際的位置を表していることとなり、『日本』はその世界水準の賃金が、低いということとなるのです。

 

 

 

 

 

 

賃金が低いから、安い物価でしか買えなくなる。

 

 

 

 

だから企業は利益が上がらない、上がらないから従業員に高い賃金を支払えない。

 

 

 

 

 

そして、技術者たちら賃金が低い『日本』よりも、より多く賃金が貰える海外企業に行ってしまい、結果、日本企業は海外企業に負けてさらに賃金が上がらなくなるのです。

 

 

 

 

 

 

その昔、『経済大国』と言われていた『日本』。

 

 

 

 

この先一体、どのように成長していくかはこの国に住んでいる『日本人』がしっかりと考えていかなければいけません。

 

 

 

 

そして、新しいものを創り出す発想が出来るのは若者たちです。

 

 

 

 

 

「若い芽は摘むな、馬鹿な大人たちよ!」