ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

白河の関越え

2022年8月22日、高校野球界で歴史的快挙がもたらせました。

 

 

 

 

それは高校野球界、全ての学校の夢である通称『甲子園』での初の『白河の関越え』を達成したのです。

 

 

 

 

 

白河の関』と言うのは、『福島県白河市』にある古代の『関所』のこと。

f:id:TOTAN:20220825014640j:image

(上記は『ニッポン旅マガジン』より引用。)

 

 

 

 

 

奈良時代』から『平安時代』末期まで機能していたと考えられている、『関東地方』と『東北地方』のちょうど境にあった『関所』になります。

 

 

 

 

まさに、『東北地方』への『玄関口』となっていた要の『関所』なんですね。

 

 

 

 

そして、この『関所』は廃止された後も『東北地方』への『玄関口』であるという観点から歴史的に非常に有名で、多くの文化人、武将などがこの地に訪れ、『寄進』したり『和歌』を詠むなど、『憧れの地』でした。

 

 

 

 

 

平安時代』後期には『関所』としての機能を失った『白河の関』ですが、その場所は長年確定しておらず、『松平定信』がさまざまな文献を読み解いて、ようやく発見するという、なんとも魅力的な地。

 

 

 

 

その『白河の関』と言うのが現在の『白河神社』のあった場所と断定したのです。

 

 

 

 

松平定信』とは『寛政の改革』を行った、8代将軍『徳川吉宗』の孫で、『白河藩主』であった人物。

f:id:TOTAN:20220825021043j:image

 

 

 

 

そんな歴史に名を残した人物が、自ら探し当てたこの地が如何に重要な『史跡』であると言うことが分かります。

 

 

 

 

 

さて、そんな『白河の関』ですが当時から、『下野国(現在の『栃木県』)』と『陸奥国(現在の『福島県』)』の国境に位置しており、現在でも『関東地方』と『東北地方』の境になっています。

f:id:TOTAN:20220825022748j:image

(上記は『東京新聞』より引用。)

 

 

 

 

だから今でも、『白河以北』と言うと『東北地方』・『北海道』のことをまとめた時に指す用語になっているんですよ。

 

 

 

 

 

さて、そんな『白河の関』から北では100年以上に渡ってある都市伝説のような珍事がありました。

 

 

 

 

それは『東北地方』の高校は、春・夏の『甲子園』で優勝出来ないと言うこと。

 

 

 

 

優勝旗を持って、『白河の関』を越えられなかったのです。

 

 

 

 

ここから、『白河の関越え』と言うことばが生まれたんですね。

 

 

 

 

そんな状況を見兼ねて、『白河神社』の宮司さんは1997年から、春・夏の『甲子園』出場の東北勢の高校にある物を贈っていました。

 

 

 

 

それが『通行手形』。

f:id:TOTAN:20220825025801j:image

(上記は『読売新聞オンライン』より引用。)

 

 

 

 

 

なんともユニークなこの『通行手形』。

 

 

 

 

そこには「選手たちの実力が十二分に発揮できるように。」と優勝祈願を込めて贈っています。

 

 

 

 

 

その年月25年、四半世紀も贈り願い続けたのです。

 

 

 

 

 

そして、2022年の夏の『甲子園』。

 

 

 

 

その悲願をようやく達成することが出来、世間を感動へと導いてくれたのです。

 

 

 

 

 

ここで、ひとつ良い話があって今回、悲願の東北勢、初優勝を成し遂げた『仙台育英』。

 

 

 

 

準決勝で戦った『福島県』の『聖光学院』の思いを乗せようと、『仙台育英吹奏楽部』が、『聖光学院』の応援で流れていた『福島県』ゆかりの音楽バンド『GReeeeN』の楽曲、「キセキ」を演奏したのです。

 

 

 

 

11年前に起こった『東日本大震災』。

 

 

 

 

この時、彼らは小学校低学年。

 

 

 

 

そんな彼らがお互いに尊重し合い、負け続けていた無念と共に、せめて楽曲だけでも持って行くという強い絆。

 

 

 

 

その思いを背負っての初優勝。

 

 

 

 

なんとも誇らしい姿ですね。

 

 

 

 

まだまだ『日本人』も捨てたもんじゃないですな!

 

 

 

 

と、このように念願の優勝旗を『白河の関越え』をして、『東北地方』に持って帰って来た『仙台育英』。

 

 

 

 

本当におめでとうございます㊗️

 

 

 

 

この出来事は、必ずみなさんの歴史にも刻まれたことになるでしょう!