ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

粉物最強遺伝子

『お盆』も過ぎ、少しずつ朝晩は過ごしやすくなってきてますが、もうそろそろ学校でも『夏休み』が終わりを告げようとしています。

 

 

 

 

今年の『夏』はどうでしたか?

 

 

 

 

3年ぶりの規制の無い『夏』となり、さまざまなレジャーを楽しんだ方も多いと思います。

 

 

 

 

個人的にはやっぱり『夏』=『祭』となっており、自宅で「お祭ごっこ」を2回ほどして、楽しみました。

 

 

 

 

 

『祭』で欠かせないのが『屋台』。

 

 

 

 

そして『屋台』と言えば、『たこ焼き』や『お好み焼き』など味の濃いソースを使った軽食のイメージです。

f:id:TOTAN:20220819030618j:image

 

 

 

 

 

そんな『たこ焼き』ですが、『大阪』のソウルフードと言ったイメージ。

 

 

 

 

 

それはそのはず、『たこ焼き』は『大阪発祥』の『郷土料理』だったんです。

 

 

 

 

そしてこの『たこ焼き』こそが、『粉物』の『最強遺伝子』だったんです。

 

 

 

 

と言うのも、『昭和』の初期に現在の『大阪市西成区』で、『ラジオ焼き』を『明石焼き』風に創作したのがきっかけとなっているんです。

 

 

 

 

『ラジオ焼き』と言うのは、見た目は『たこ焼き』ですが、中身が醤油ベースや味噌ベースで漬けた『牛すじ』や『こんにゃく』などが入っている、『明治時代』から『大正時代』にかけて子供を中心に大人気を誇った『粉物』の「おやつ」になります。

f:id:TOTAN:20220819053654j:image

(上記は『ぐるなび』より引用。)

 

 

 

 

この時にはすでにボール型で提供されているのがわかりますね。

 

 

 

 

当時まだまだ高級品であった『ラジオ』からあやかって、この名前になったとされています。

 

 

 

 

そして、『ラジオ焼き』のもとは『ちょぼ焼き』と言う、ひとくちサイズの窪みが出来た鉄板に、水に小麦粉やうどん粉を溶いたものを流して焼いた「おやつ」になります。

f:id:TOTAN:20220819063440j:image

(上記は『元祖ちょぼ焼き本舗』ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

その『ちょぼ焼き』も元々は、『もんじゃ焼き』から派生したもの。

f:id:TOTAN:20220819081331j:image

(上記は『おやつカンパニー』より引用。)

 

 

 

 

もんじゃ焼き』については『江戸時代』後期にはすでに存在しており、それがいわゆる『下町』の『おやつ』として定番になっていき、『明治時代』以降、『お好み焼き』や『ちょぼ焼き』、『ラジオ焼き』から『たこ焼き』へと進化して行くという歴史があります。

 

 

 

 

 

仮に『もんじゃ焼き』を父方としたなら、『たこ焼き』から見たら『曽祖父』に当たるみたいなものになります。

 

 

 

 

 

では、次に母方である『明石焼き』がどうして出来たかと言うと、これも『江戸時代』後期からの特産品に繋がります。

 

 

 

 

 

と言うのも、『明石焼き』の発祥の地は、『兵庫県明石市』になります。

 

 

 

 

そして、『江戸時代』後期から『大正時代』まで人気を誇った『明石市』の特産品と言えば、『明石玉』。

f:id:TOTAN:20220819084715j:image

(上記は『雑学の壺』ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

これは、『かんざし』の装飾品として大変人気な物でした。

 

 

 

 

特に『大正時代』まではまだ、和装が多かった時代。

 

 

 

 

女性にとって、いかに綺麗なものを装飾する事は今も昔も変わらないんですね。

 

 

 

 

その『明石玉』を作る材料として、『卵』の『白身』を使うんです。

 

 

 

 

 

 

でも当時、『卵』は高級食品。

 

 

 

 

残った『黄身』をそのまま捨ててしまうのは勿体無いですよね。

 

 

 

 

 

そこで、『明石海峡』があり『海の特産品』である『タコ』と『黄身』、それに水や小麦粉で作ったものが『明石焼き』となったんです。

 

 

 

さらに、『明石玉』を作る鉄板を用いて、丸くした物が今良く見る『明石焼き』の型となっていったんですね。

 

 

 

それがのちに現在では、当たり前な丸い型をした『たこ焼き』に繋がっていくんですね。

 

 

 

 

 

こうしてみると、たかが『たこ焼き』ひとつ取ってみても、色んな歴史が繋がる『郷土料理』。

 

 

 

だからこそ、『祭』でも定番のメニューであり、人々にも愛されているんです。

 

 

 

 

『祭』=『政』=『まつり』。

 

 

 

 

『まつり』は人を熱くさせ、その年の『五穀豊穣』を祝うものです。

 

 

 

 

 

 

そして、今まさに『まつり』=『政』激動の時代へと突入している世界。

 

 

 

 

しっかりと考え、後世に伝えなければいけません。

 

 

 

 

普段、当たり前に食べている物もたくさんの歴史があるんですよ!