ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

身体を温める食べ物

台風14号が過ぎ去り、急に朝晩と冷え込むようになったこの季節。

 

 

 

 

体調管理が難しい時期となりました。

 

 

 

 

 

特に高齢者や小さな子供には気をつけてないと、そのまま風邪をひいてしまったりするので、注意が必要となります。

 

 

 

 

 

昔から「暑い・寒いも『彼岸』まで。」とは良く言ったもので、まさにそんな気候となっています。

 

 

 

 

この急に寒くなった季節にオススメしたいのが、秋から冬に旬な食材を食べること。

 

 

 

 

 

と言うのも、この季節に旬な食材は「身体を温める効果」があるからなんです。

f:id:TOTAN:20220922024024j:image

f:id:TOTAN:20220922024031j:image

(上記は『(株)リライアンス コスモス薬局グループ 』 公式ホームページより引用。)

 

 

 

 

例えば、果物だったらリンゴ。

f:id:TOTAN:20220922023319j:image

 

 

 

 

『日本』ではリンゴの生産地として有名なのは「青森県」や「長野県」ですが、どちらも寒い地域です。

 

 

 

 

寒い地域だから、身体を温める食べ物の生産量が多く、よく食べられている。

 

 

 

 

理にかなっているんですね。

 

 

 

 

「リンゴを食べると医者いらず。」とはよく言ったものです。

 

 

 

 

リンゴに関することわざは、『日本』だけに留まらず、世界各地にあると言うのだから、どれだけリンゴが健康に良いかと言うのがわかりますね。

 

 

 

 

その他にも、果物だったらブドウやサクランボ、イチジクなど。

 

 

 

 

野菜ならニンジン、ニンニク、ネギにニラ、

タマネギが身体を温める食べ物になります。

 

 

 

 

ニンジン・タマネギといえば「北海道」のイメージですし、ニンニクも「青森県」のイメージです。

 

 

 

 

やはり寒い地域に根付いた食べ物だったんですね。

 

 

 

 

 

そんな身体を温める食べ物の中でも、最強の食べ物というのが生姜なんです。

f:id:TOTAN:20220922031256j:image

(上記は『コスモス食品』公式ホームページより引用。)

 

 

 

農林水産省』でもその効能についての質問に答えるほど。

 

 

 

 

 

そしてこれからの季節、これらを合わせた食べ物としてオススメなもの。

 

 

 

 

 

それが味噌ラーメンと餃子セット。

f:id:TOTAN:20220922032202j:imagef:id:TOTAN:20220922032210j:image

(上記は『北海道らーめん味源』「味噌ラーメン」「餃子」より引用。)

 

 

 

 

味噌ラーメンにはネギやニンニク、生姜が入っているし、豚肉(チャーシュー)も身体に良い食べ物です。

 

 

 

 

さらに、餃子に生姜・ニンニク・豚肉と付けダレには醤油にラー油を使うのが一般的です。

 

 

 

 

ラー油はごま油に唐辛子を加えて加熱し、油に辛味を加えた香味油なので、それだけで身体がポカポカしてきますよね。

 

 

 

 

 

そして極め付けは、実は味噌や醤油も身体を温める食べ物のひとつなんです。

 

 

 

 

だからこそ、冬が寒い地域のご当地グルメ「北海道ラーメン」が味噌ラーメンで、「旭川ラーメン」は醤油ラーメンなんですね。

 

 

 

 

やっぱり理にかなっている食べ物だったという訳です。

 

 

 

 

 

余談ですが、「札幌市」や「旭川市」とほぼ同じ緯度は『フランス』では「マルセイユ」・『イタリア』では「フィレンツェ」になります。

 

 

 

それより少し下の「函館市」が『イタリア』の「ローマ」、『アメリカ』の「シカゴ」や「ニューヨーク」、『スペイン』の「バルセロナ」になっています。

 

 

 

 

どこも冬には雪が降っているイメージですよね。

 

 

 

 

「ローマ」や「バルセロナ」は少し意外でしたが。

 

 

 

 

『イギリス』の「ロンドン」、『フランス』の「パリ」なんかはもっと北に位置しています。

 

 

 

 

 

だから『ヨーロッパ』は石造りの建造物が多いんですね。

 

 

 

 

その寒さを凌ぐために。

 

 

 

 

 

逆に『日本』の首都は明治までは「京都」、それ以降は「東京」です。

 

 

 

 

そして緯度は、『ヨーロッパ』の都市よりも遥かに南側。

 

 

 

さらには、『高温多湿』の気候。

 

 

 

 

だから、木造建築になったんですね。

 

 

 

 

その土地の歴史を見ると深い。

 

 

 

 

食べ物も、建物も、世界が何故このような構図になっているかは、こんな所からも学ぶことができます。

 

 

 

 

 

だから、『石工職人』は『ヨーロッパ』発祥だったんだぁ。

 

 

 

 

 

『石工職人=フリーメイソン

f:id:TOTAN:20220922044327j:image

(上記は『フリーメイソンWikipediaより引用。)

 

 

 

 

 

りんごは?…。