ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

九尾の狐

ここ数年のコロナ禍の中、『日本』ではちょっとした『妖怪ブーム』となっていることをご存知でしょうか?

 

 

 

 

特に、『疫病退散』にご利益がある『アマビエ』の力をかりようとした動きは『社会現象』にまで起こる事態となったのは記憶に新しいとおもいます。

 

 

 

 

 

こうした、社会情勢の中、目に見えない敵に対して、『日本人』は『妖怪』や『悪霊』などに置き換えて、それを祈祷などで退散させるという風習が存在しています。

 

 

 

 

 

そんな中で、2022年3月5日ある事件が起こりました。

 

 

 

 

 

 

それは『九尾の狐』を封印していた『殺生石』が真っ二つに割れてしまったこと。

 

 

 

 

 

 

 

『九尾の狐』とは、『日本三大妖怪』のひとつで、『神獣』とも『妖獣』とも言われている『妖怪』です。

f:id:TOTAN:20220407034245j:image

(上記は『三国妖狐図会』「歌川国芳」作より引用。)

 

 

 

 

 

元々は『泰平の世』であったり、『名君』がいる時代に、『霊獣』として『吉兆』の時、良い事が起こる時に現れる『神獣』となっています。

 

 

 

 

 

ただし、徳の無い『君主』の時代には『凶獣』として現れ、革命を促す『妖獣』ともなっています。

 

 

 

 

 

人間と一緒で、『善と悪』の表裏一体の時代に『創造』と『破壊』を促す『神獣』なんですね。

 

 

 

 

 

 

だから、『殷』の時代、最後の帝である「帝辛」の妃である「妲妃」が『封神演義』に登場する悪女で、その正体が『九尾の狐』となるわけです。

 

 

 

 

そりゃあそうですよね。

 

 

 

 

国を滅ぼし新たな国となる時、その前の国が良い国だったら、滅ぼすのに『大義名分』がありませんから。

 

 

 

 

 

悪しき国家・悪しき君主の時に国は滅ぼされるのが常です。

 

 

 

 

 

だから、民衆はついてくるのです。

 

 

 

 

一部の裏で動かしている、自分たちの利益の事しか考えていないヤツらの事を知らずに。

 

 

 

 

 

何か、今の時代のようですね…。

 

 

 

 

 

また、『日本』でも『九尾の狐』が悪女として美女として惑わす邪悪な『妖怪』として登場する物語があります。

 

 

 

 

 

その『妖怪』こそが、『玉藻前』。

f:id:TOTAN:20220407045246j:image

(上記は『今昔画図続百鬼』「鳥山石燕」作より引用。)

 

 

 

 

 

 

「栃木県那須町」で『殺生石』となった、伝説の『妖怪』です。

 

 

 

 

 

 

 

その内容は、『平安時代』末期に、時の権力者である『鳥羽上皇』を妖術によって惑わせ、病に伏せさせた悪女『玉藻前』が、『陰陽師』の力により、その正体を見破られ、宮中から逃げて行方を眩ませます。

 

 

 

 

 

その後、現在の「栃木県那須町」周辺で、いまだに悪さしていると言う情報を聞きつけた『朝廷』は、討伐軍を編成し、退治します。

 

 

 

 

討伐軍に退治された『九尾の狐(玉藻前)』は、その姿を巨大な毒石へと変化し、そこへ近づく生き物は殺す石となったと言うものです。

 

 

 

 

 

 

 

そんな『九尾の狐(玉藻前)』が変化したと伝わる『殺生石』が、真っ二つに割れてしまったのです。

f:id:TOTAN:20220407053541j:image
f:id:TOTAN:20220407053545j:image

(上記は『殺生石』 『読売新聞オンライン』より引用。)

 

 

 

 

そんな『神獣』でもあり、『凶獣』でもある『九尾の狐』の封印が解き放たれたと一部では話題になっている『殺生石』。

 

 

 

 

 

今のこの混沌とした世界情勢と重ね合わせ、『『九尾の狐』が平和の為に活躍出来ますように。」と地元観光協会が、『祈願祭』を行いました。

 

 

 

 

 

 

また、時を同じタイミングで、『日清食品』の『どん兵衛』から新商品が発売されました。

 

 

 

 

 

その名も『最&強』。

f:id:TOTAN:20220407074907j:image

(上記は『日清食品』 『どん兵衛「最&強」』より引用。)

 

 

 

 

そしてそのCMには「美輪明宏」さんが登場しますが、その姿がまさかの『九尾の狐』なのです。

 

 

 

 

その姿は金色に輝いており、見た者の運気をアップさせるような神々しさ。

 

 

 

 

 

まさか、真っ二つに割れた『殺生石』の封印から解かれた『九尾の狐』⁉︎

 

 

 

 

 

だとしたら、『吉兆の兆し』を示している予感がしますね!

 

 

 

 

 

 

 

ここで面白い話があって、『九尾の狐』は元々『殷(現在の『中国』など)からやってきた『妖怪』です。

 

 

 

 

その『妖怪』がどのようにやってきたかと言うと、『遣唐使』の帰国船で『吉備真備』と一緒に少女に化て、やってきたとなっています。

 

 

 

 

 

そして『吉備真備』とは、『唐』から『陰陽道』の聖典である『金烏玉兎集』を持ち帰ったとされており、『日本』の『陰陽道』の祖となっています。

 

 

 

 

そんな『金烏玉兎集』を『遣唐使』として同時期に『唐』に行った、「阿倍仲麻呂」の子孫に伝え、『陰陽師』として確立したのがあのかの有名な『安倍晴明』。

 

 

 

 

 

そして、その子孫である「安倍泰成」が『玉藻前』を『九尾の狐』だと見抜き、退治されるのです。

 

 

 

 

また、『玉藻前』は『鳥羽上皇』から寵愛を受けていたとされていますが、これにはモデルとなる人物がいます。

 

 

 

 

 

その人物というのが『鳥羽上皇』の『皇后』である「藤原得子」。

 

 

 

 

 

彼女は『太上天皇(『上皇』や『法皇』など、次の代に『天皇』の位を譲った『天皇』のこと。)』の后にも関わらず、異例の『皇后』の称号を得ました。

 

 

 

 

というのも、『太上天皇(略称で『上皇』)』というのは、今まで歴史的に見ても、長く用いられていた表現に対して、配偶者である后の方は、『日本』の長い歴史のなかでも、一度も表現として用いられたことがありませんでした。

 

 

 

 

 

だから、『皇后』と言う称号は異例であり、現在の『上皇后』と言う称号も『日本』史上、初のことになります。

 

 

 

 

 

そんな『鳥羽上皇』からの寵愛を受けていた「藤原得子」ですが、彼女がきっかけとなり『保元の乱』や『平治の乱』を引き起こし、のちの『武家政権』へとなるきっかけを作ったと言われています。

 

 

 

 

 

 

『公家政権』から『武家政権』への移り変わりのきっかけを作った「藤原得子」。

 

 

 

 

まさに革命を促す『凶獣』、『九尾の狐』だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

そしてもうひとつ。

 

 

 

 

 

『九尾の狐』を不本意だったとは言え、『日本』に連れてきたのは『吉備真備』です。

 

 

 

 

吉備真備』の祖先は『稚武彦命(わかたけひこのみこと)』で、その兄は『吉備津彦命(きびつひこのみこと)』となります。

 

 

 

 

 

そして、『吉備津彦命』は『御伽噺(おとぎばなし)』で『日本一』有名な、あの『桃太郎』のモデルとなった人物です。

 

 

 

 

 

 

『桃太郎』は犬・猿・雉をお供に、鬼退治をすると言う物語ですが、この『鬼』と言うのが、『日本三大妖怪』のひとつなのです。

 

 

 

 

 

 

ちなみにもうひとつの『妖怪』は『河童』となっており、『九尾の狐』・『鬼』・『河童』を合わせて、『日本三大妖怪』となっています。

 

 

 

 

 

また『陰陽道』では『鬼門』と『裏鬼門』と言う不吉な方角というものがあります。

 

 

 

 

『鬼門』が北東で、『裏鬼門』が南西となっていますが、そこに十二支を当てはめるとちょうど北東が『丑寅』、南西が『申酉』となっています。

 

 

 

 

 

『鬼』は牛のような角が生え、虎の毛皮のパンツを履いた容姿がイメージです。

 

 

 

 

また、猿・鳥(雉)は『桃太郎』に仕えた家来になります。

 

 

 

 

 

そして、『陰陽道』を確立したのは『安倍晴明』。

f:id:TOTAN:20220408023147j:image

(上記は『対極図』。)

 

 

 

 

 

また、『安倍晴明』の紋は『五芒星』。

f:id:TOTAN:20220408023401j:image

(上記は『安倍晴明判(晴明紋)』より引用。)

 

 

 

 

 

また、この『五芒星』の真ん中に『G』の文字を掲げたロッジが世界各地に存在しています。

 

 

 

 

 

それが…。

 

 

 

 

 

フリーメイソン

f:id:TOTAN:20220408024616j:image

 

 

 

御伽噺、歴史、現在の世界情勢、『九尾の狐』と全てが繋がってくるのです。

 

 

 

 

 

たまたまね…。

 

 

 

 

もしかしたら、分かる人には分かるような『メッセージ』なのかも知れませんね。

 

 

 

 

殺生石』が真っ二つに割れてしまったのも…。

 

 

 

 

そして、にわかに『妖怪ブーム』だと言うことも…。

f:id:TOTAN:20220408024946j:image

(上記は『厚生労働省』作成  『新型コロナウイルス感染症拡大』呼び掛けのアイコン より引用。)