ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

大寒の日

2022年もいよいよ、あと数日で1月が終わりに近づき、本格的な寒さとなってきました。

 

 

 

 

さて2022年の『大寒』は1月20日

 

 

 

 

 

この日は1年間のうちで最も寒くなる頃とされており『剣道』や『柔道』などの『武道』では、この時期に『寒稽古』をやる道場も多くあります。

 

 

 

 

ただ、最近では『年明け』最初の稽古の日に、『神社』にお詣りに行き、1年の無事とこれからも無事に稽古が出来るようにと『祈願』し終えた後で、『寒稽古』に励むというような道場も増えてきました。

 

 

 

 

 

そして、2022年もちょうど、今の時期『日本列島』に『大寒波』が襲来し、滅多に降らない雪が「東京都」などの『首都圏』で降るかもとの予報も出ました。

 

 

 

 

 

そのくらい、寒い時期ということなんですね。

 

 

 

 

 

さて、1月20日は「シマエナガの日」と制定されているようです。

f:id:TOTAN:20220120031038j:image

 

 

 

 

その理由は、寒さで風や雪が強いほど、空気を羽の中に取り込み、大きく膨らむことから、1年で一番寒い『大寒の日』が選ばれました。

 

 

 

 

また、『シマエナガ』の「シマ」は特定の限られた場所(「北海道」)に生息する『エナガ』であることから、この名前がつきました。

 

 

 

 

同様に、別名で『エゾエナガ』や『雪の妖精』とも呼ばれています。

 

 

 

 

 

そんな『大寒』が終わる約半月(15日)前後を過ぎると、いよいよ『節分』・『立春』となり、また過ごしやすい季節となってきます。

 

 

 

 

 

この凍えるような時期もあと半月と思えば、もう少しの辛抱ですね。

 

 

 

 

 

さて、この凍えるような寒い時期に食べ物として、縁起の良いものがあります。

 

 

 

 

それが『大寒たまご』。

f:id:TOTAN:20220120033744j:image

 

 

 

大寒たまご』とは『大寒の日』に産んだ「たまご」のことを言い、自然界では「鶏(ニワトリ)」は、寒いと「たまご」をあまり産まなくなることから、たまに産んだ「たまご」は、より貴重なものとなっています。

 

 

 

 

そもそも、ビタミンC以外の栄養素を含み、『完全栄養食』と言われている「たまご」。

 

 

 

 

 

それだけに、『大寒の日』あたりの「たまご」は滅多に取れないことでより一層、重宝され扱われてきたのです。

 

 

 

 

 

そのことから、『健康運』にご利益があるとされているだけでは無く、『金運』にもご利益があるとされています。

 

 

 

 

その理由は、『風水』では「黄色」のもには『金運』があるとされており、また『完全栄養食』であることから、『健康運』に良いとされています。

 

 

 

 

特に、『大寒の日』に産まれた「たまご」は濃縮されているため、その「黄色」も色が濃いとされて、より『金運』を引き寄せるものとなっています。

 

 

 

 

 

ただ、現在はどこでも暖かく飼育しているで、毎日産んでいる方が多く、1月20日に産んだ「たまご」なのかどうかも、はっきりしたものは分かりにくくなっています。

 

 

 

 

 

もし、本格的な『大寒たまご』を食べたいという方は、近くに直売所やネット販売をオススメします。

 

 

 

 

 

それじゃあ、遅いじゃん!と思った方も今からでも間に合いますよ。

 

 

 

 

 

なぜなら1月20日に産卵した「たまご」なんですから。

 

 

 

 

 

ごく稀にデパートやスーパーなどにも売っていますので、見つけた方はラッキーですね!

 

 

 

 

 

他にも『寒の水』と呼ばれる、この時期に井戸などで汲んだ『水』は、昔から『霊力』が宿るとされています。

 

 

 

 

清く澄んだ『水』を身体の中に取り入れることによって、エネルギッシュになり、目もシャキッとするので、近くに井戸や天然水が湧き出ている場所にお住まいの方は是非!

 

 

 

 

また、この時期の『旬の食べ物』と言えば、「寒ブリ」「寒サバ」もオススメです。

f:id:TOTAN:20220120035834j:image

(上記は『ニッスイ』ホームページ 「ぶりしゃぶ」より引用。)

 

 

 

 

 

特にこの時期の『旬の魚』は、春に産卵を控えているのと、この寒い時期の荒波を超えなければならいことから、脂の乗りも最高です。

 

 

 

 

これに熱燗なんてまさに至福の瞬間ですね!

 

 

 

 

そんな1年の中で一番寒い『大寒の日』。

 

 

 

 

栄養のあるものをたくさん食べて、たっぷりと寝て、この厳しい季節を乗り越えて行きましょう。

 

 

 

 

その後くる春を待ちながら。