ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

鍋料理 人気No.1

緊急事態宣言を解除してから早、1ヶ月。

 

 

 

 

 

コロナ禍も『日本』では、何故か落ち着きを見せており、「東京都」での感染者は毎日50人以下となってきました。

 

 

 

 

 

何故かね…。

 

 

 

 

 

現在、飲食業界も活気を取り戻しつつあり、居酒屋では『年の瀬』も近づき、ここから本格的な繁忙期になるでしょう。

 

 

 

 

 

そして、この時期に居酒屋や家庭での定番メニューといえば『鍋料理』。

 

 

 

 

 

「寄せ鍋」や「キムチ鍋」など様々とありますが、その中でも堂々の人気No.1の鍋料理。

 

 

 

 

 

 

「おでん」。

f:id:TOTAN:20211110153243j:image

(上記は『日本水産株式会社(通称『ニッスイ』 「関東風おでん レシピ」より引用。)

 

 

 

 

 

 

やはり寒い季節に『日本人』の心と身体を芯から温める定番鍋は昔から愛されている『日本料理』、「おでん」だったんですね。

 

 

 

 

 

 

その「おでん」の歴史は古く、『鎌倉時代』末期辺りから、「おでん」という言葉が出てきています。

 

 

 

 

 

 

 

というのも、元々は「豆腐料理」である「田楽」を丁寧な言葉に直した時に、最初に『お』を付けるのが優雅というところから、「お田楽」となり、それを省略した言葉が「おでん」となりました。

 

 

 

 

 

また、当時は「豆腐」を串に刺して焼いた物が「田楽」と呼ばれていましたが、その後『江戸時代』に入り、「味噌」を塗ったものが、『江戸庶民』の中で大流行。

 

 

 

 

 

 

そのうちに、「豆腐」以外にも「こんにゃく」に「味噌」を塗った「味噌田楽」が広まっていき、こっちの方が「おでん」と呼ばれてるようになっていきました。

 

 

 

 

 

その後、現在の「愛知県」で「味噌田楽」を煮込んだものが作られ、「煮込みおでん」の方が主流となり、さらに「はんぺん」や「野菜」などと一緒に煮込んだ「おでん」が全国に広まっていったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、面白いのがまず、始めは『鎌倉時代』の「豆腐料理」だったということです。

 

 

 

 

 

 

 

これは、『鎌倉時代』に『禅宗』によって誕生した「大豆」を「肉」に見立てて料理した『精進料理』から発展していったということになります。

 

 

 

 

 

 

『精進料理』で有名な料理では、他にも「胡麻油」でたくさんの野菜や「豆腐」を炒めたあとに、汁物にした「けんちん汁」があります。

f:id:TOTAN:20211111032621j:image

(上記は『キッコーマン株式会社』「ホームクッキング」より引用。)

 

 

 

 

 

 

「けんちん汁」の名前の由来は、「鎌倉市」にある『禅宗』の寺院、『建長寺』で作られて、「建長汁」と呼ばれていましたが、それが訛って「けんちん汁」となったとされる説もあります。

 

 

 

 

 

「おでん」も「けんちん汁」も今では家庭の食卓に当たり前に出る料理ですが、実は『鎌倉時代』の『精進料理』で繋がっていたんですね。

 

 

 

 

 

だから、『日本人』の心に馴染み深く人気の料理となっているのです。

 

 

 

 

 

 

さらに「煮込みおでん」となった「愛知県」は「八丁味噌」の産地としても有名です。

 

 

 

 

 

八丁味噌」は『江戸幕府』の初代将軍である「徳川家康」の出身地、「愛知県岡崎市」で作られた「味噌」のことを言いますが、「家康」が長寿で健康だったのも『「麦飯」と「味噌」のおかげ。』とまで言われていますから、そんな所からも、江戸庶民たちには広く伝わっていったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

そんな当初は「味噌煮込み」の「おでん」でしたが、『関東』・『関西』ともに、「鰹節」や「昆布」などの「ダシ」の製法技術が発展。

 

 

 

 

 

『関西』では土地柄、「昆布」の『旨味』がより多く取れる『軟水』だったために、「鰹節」・「昆布」を主とした薄い色の「おでん」が普及していきました。

 

 

 

 

 

 

逆に『関東』は土地柄、『硬水』という事と、江戸市民の大半が肉体労働者だったために、より「塩味」を感じる「醤油」を好み、これに「鰹節」と「昆布」でダシをとり、「味醂」を加えた濃い色の「おでん」が普及してしきました。

 

 

 

 

 

 

歴史と食文化、そしてその土地柄は、密接な関係にあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、『江戸幕府』開府以来、さまざまな土地から集まってきた現在の「東京都」。

 

 

 

 

 

その分、その人その人の家庭の味があり、濃い色の「おでん」だけとは一概には言えないようです。

 

 

 

 

 

 

これも、歴史と食文化、そして土地柄が生み出したものなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

そして、もう1つ面白い調査結果がありまして、『日本』での主要7大都市のある、「北海道」・「宮城県」・「東京都」・「愛知県」・「大阪府」・「広島県」・「福岡県」のうち、「北海道」のみが、鍋料理の中で人気ランキングが2位というものになりました。

f:id:TOTAN:20211111162352j:image

 

 

 

 

 

ちなみに「北海道」の鍋料理ランキングNo.1は「キムチ鍋」。

f:id:TOTAN:20211111054944j:image

(上記は『マルコメ株式会社』「豚キムチ鍋」レシピより引用。)

 

 

 

 

 

「キムチ鍋」もめちゃくちゃ美味しいですし、この季節に食べたくなる鍋のひとつですよね。

 

 

 

 

 

ちなみに個人的には「生たまご」に付けて、少しマイルドにして「日本酒」と一緒に食べるのが大好物です。

 

 

 

 

 

 

また、具材の好きなランキングはというと、1位・2位は『全国主要7都道府県』では、全て「大根」・「たまご」という結果になっています。

f:id:TOTAN:20211111162715j:image

 

 

 

 

 

王道の具材はやはり、皆んな好きなんですね。

 

 

 

 

 

シミシミの「大根」に「たまご」。

 

 

 

 

それに「和辛子」を塗って、熱燗でクィッと行くと、最高に幸せな気分になりますね。

 

 

 

 

 

ちなみに「東京」の下町には、「日本酒」に「おでん」のダシを入れた「ダシ割り」という飲み方があります。

 

 

 

 

 

作り方は簡単で、ワンカップの「日本酒」を50ccほど呑んだら、その中に「おでんダシ」を注いで、お好みで「七味唐辛子」を入れると、これまた最高に美味しいです。

 

 

 

「鰹節」や「昆布」のダシと、練り物や野菜など具材からのダシの、旨味が混ざり合った「おでんダシ」、それに「日本酒」。

 

 

 

 

 

 

この冬、是非お試しあれ!

 

 

 

 

 

ちなみに個人的には、「おでん」の味が染みた「木綿豆腐」をご飯の上に乗せて、それを掻っ込み、それを「日本酒」で流し込むのが、一番好きです。