ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

#神社仏閣#歴史#都市伝説#グルメなどに関することを書いています。ここに記載するすべて記事の引用素材は誹謗中傷を目的としたものでは無く、著作権を侵害する目的で作成したものではありません。

コーヒー

コロナ禍と本格的な『梅雨』の時期となり、よりいっそう「巣籠もり生活」が続いている中で、皆さんいかがお過ごしてしょうか。

 

 

 

 

 

緊急事態宣言も一応は解除されたことにより、少しずつ外に出ていく方も増えてきたと思います。(一部を除いてですが…。)

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で6月30日から、コーヒーショップの代表的な企業である『スターバックス』から全国47都道府県の各地限定のフラペチーノ、「47 JIMOTO フラペチーノ」が販売されました。

f:id:TOTAN:20210701021714j:image

(上記は『スターバックス コーヒー ジャパン』公式ホームページから引用。)

 

 

 

 

 

 

これは、『スターバックス』が日本に上陸してから25周年を記念する企画で、各都道府県1種類ずつ違ったフレバーのフラペチーノを販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

これだけでも、ちょっと足を伸ばして色んな地域のを試したくなってきますよね。

 

 

 

 

 

 

私自身はあまり普段は「コーヒー」は飲まないですが、この企画を知り、近隣都道府県のを飲んでみたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、皆さんは普段からこの「コーヒー」をお飲みになっているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

朝起きたら必ず飲むという方や、出勤・通学時に飲む方、また仕事中に飲んでいるという方、さまざまだとは思います。

 

 

 

 

 

 

「コーヒー」に含まれている成分の「カフェイン」は以前、取り過ぎるとヤバイと言うのをお伝えしましたが、それよりもっと闇が深いものがあったんです。

 

 

 

 

 

 

その闇とは、「コーヒー豆」自体の価格。

 

 

 

 

 

 

「コーヒー」の世界的な市場規模をみると、2011年、全世界での生産量は約790万トン、約5兆6000千億円に達しています。

 

 

 

 

 

 

なのにも関わらず、「コーヒー」農家の貧困が無くならなかったと言うこと。

 

 

 

 

 

 

では、一体なぜこんな事が起きてしまったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

答えは、全世界での「コーヒー」農家の80%が小規模な農家だったと言うこと。

 

 

 

 

 

 

そして、このような小規模な「コーヒー」農家は立場が弱いと言うことです。

 

 

 

 

 

その背景には小規模な「コーヒー」農家がそもそも、市場価格を知らないこと。

 

 

 

 

 

また、小規模な農家同士が組合に入っているとは限らないことです。

 

 

 

 

 

 

そうした状況から、中間業者に足元を見られ、安く買い取られてしまうです。

 

 

 

 

 

 

 

また、「コーヒー」販売業者がある程度限られているのも、ひとつの要因となっています。

 

 

 

 

 

 

 

「コーヒー」農家は、生の「コーヒー豆」を焙煎業者に売ります。

 

 

 

 

 

 

 

焙煎とは私たちが良く目にする、「コーヒー豆」です。

f:id:TOTAN:20210701032203j:image

 

 

 

 

 

 

この焙煎業者、実は世界の約87%を業界トップ5社で占めているんです。

 

 

 

 

 

『日本』でも有名なあの、「ネスレ」もそうです。

f:id:TOTAN:20210701033034j:image

(上記は『ネスレ日本』公式ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

 

 

『日本』では、前身会社の「ロンドン」極東輸出部が1913年に横浜に開設したのが始まりになります。

 

 

 

 

 

2013年に100周年を迎えているんですね。

 

 

 

 

 

 

ただここでふと、頭をよぎったことがあります。

 

 

 

 

 

「ロンドン」、「2013年」。

 

 

 

 

 

 

勘の良い方はもうお気づきでしょう。

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

 

実はある財閥の傘下だったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その財閥とは。

 

 

 

 

 

 

ロスチャイルド財閥』

 

 

 

 

 

 

 

また、『スターバックス』は『ロックフェラー財団』の傘下になります。

 

 

 

 

 

 

さらに、『スターバックス』のロゴマークは、実は『イルミナティ』が崇拝している『サタン』を表しているなどと言う都市伝説もあるほど…。

f:id:TOTAN:20210701035050j:image

(上記は『スターバックス コーヒー ジャパン』公式ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

 

上記のロゴマークを逆さにすると『イルミナティ』が崇拝している『サタン(ルシファー)』に見えてきます。

 

 

 

 

 

 

「コーヒー」は缶コーヒーで1本185mlで約100円程度で販売しています。

 

 

 

 

 

では、焙煎前の生の「コーヒー豆」を「コーヒー」農家がいくらで売買取り引きをしていたかと言うと、実は2011年までそのルールが決められていませんでした。

 

 

 

 

 

2011年以降は、1kgあたりの最低買取り価格を2.97ドル以上と定めています。

 

 

 

 

 

 

これにより、以前に比べては「コーヒー」農家も金銭的な貧困は解消されつつあります。

 

 

 

 

 

でも、良く考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

1kgで一体、何杯の「コーヒー」が取れるのかを。

 

 

 

 

 

そして、全世界でも有名な「コーヒー」会社が『イルミナティ』と繋がっていたと言うことを。

 

 

 

 

やはり、世界を牛耳っているという都市伝説は本当なのでしょうか。

 

 

 

 

 

それとも、たまたまだっただけなのでしょうか。

 

 

 

 

 

世界中で愛される「コーヒー」。

 

 

 

 

 

 

コーヒーカップ1杯で120mlで約10gの焙煎した「コーヒー豆」が適量とされています。

 

 

 

 

 

 

そして、『日本』も販売されている焙煎された「コーヒー豆」は安くても1kgあたり1000円前後になります。(企業努力によってもっと安価で販売しているところもあります。)

 

 

 

 

 

 

こうして考えると、いかに利益を得ることが出来る市場なのかと言うのが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、私たちが知らないだけで。

 

 

 

 

 

 

とは言え、それが商売と言うやつなんですがね。

 

 

 

 

 

 

話は変わりまして、ここで「コーヒー」と良い組み合わせ・悪い組み合わせを少しだけ、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、良い組み合わせとしては、「ケーキ」や「シュークリーム」などのスウィーツ。

f:id:TOTAN:20210701073109j:image

(上記は『びわ大津プリンスホテル』ホームページより引用。)

 

 

 

 

 

 

これは、「コーヒー」に合う代表的なものですよね。

 

 

 

 

 

そして、「バナナ」を筆頭に「フルーツ」にも良く合います。

f:id:TOTAN:20210701073848j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、意外な所では味の濃い「肉料理」や「魚料理」。

 

 

 

 

 

 

特に「肉料理」では、塩っけの多く燻製している「生ハム」が合います。

f:id:TOTAN:20210701074810j:image

(上記は『伊東ハム』より引用。)

 

 

 

 

 

「魚料理」では、「しめ鯖」などの青魚の生臭さを「コーヒー」の芳醇な香りで消してくれます。

f:id:TOTAN:20210701074948j:image

 

 

 

 

 

 

逆に食べ合わせが悪いのが、鉄分の多い食材。

 

 

 

 

 

と言うのは、鉄分の多い食材と「コーヒー」を一緒に摂取すると、鉄分の吸収を悪くしてしまうんです。

 

 

 

 

 

そして、これまた意外なところでは、「チョコレート」。

f:id:TOTAN:20210701075709j:image

(上記は『ゴディバ』ホームページ 「ゴールド コレクション(35粒)」より引用。)

 

 

 

 

 

これは、「チョコレート」にも「コーヒー」同様に『カフェイン』が含まれており、過剰摂取をしてしまう恐れがあり、頭痛や嘔吐・脱水症状や睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

『カフェイン』の摂取量は個人差があり、一概には言えませんが『カナダ』などでは1日の摂取量を400gまでとしており、『日本』もそれに従っています。

 

 

 

 

 

バランスの良い摂取が大事と言うことですね。

 

 

 

 

 

このように意外な発見が出来た「コーヒー」ですが、これからも美味しく楽しみながら頂くことが、ストレス軽減にも繋がっていきます。

 

 

 

 

 

「巣籠もり生活」が続いている今、心も体も健康的な生活をしながら、付き合って行きたいですね。