ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

神社仏閣 旅行 グルメ 日本神話 歴史 都市伝説にまつわる事を書いています。是非ご覧ください。

鏡開き

本日、1月11日は『鏡開き』の日になります。

 

 

 

『鏡開き』とはお正月に、『年神様』にお供えしていた鏡餅を家族みんなで「雑煮」や「ぜんざい(お汁粉)」にして頂く、『日本』の風習になります。

 

 

 

 

また、この鏡餅に『年神様』のパワーが宿るとされており、これを頂くことによって『年神様』の運気やパワーをもらうとともに、一年の無病息災を願うと言う意味があるんです。

f:id:TOTAN:20210111152203j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、なぜこの餅のことを鏡餅と呼ぶのかを知っていますか?

 

 

 

鏡は映すものであり、特に古代では祭祀や吉兆を占う際には必ず用いられるほど、大切な物でした。

 

 

 

現在でも、『伊勢神宮』系列の神社には必ず鏡が祀られていますよね。

 

 

 

この鏡とは。

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

三種の神器』のひとつ。

 

 

 

八咫鏡(やたのかがみ)』

 

 

 

 

そして、この『八咫鏡』とは『天照大御神アマテラスオオミカミ)』の御神体になります。

 

 

 

 

もうお分かりですよね?

 

 

 

鏡餅「鏡」とは『八咫鏡』轢いては、『天照大御神』を表すものだったのです。

 

 

 

 

また、『年神様』のパワーを宿す(移す)と言うところからも、この形になり「鏡餅」と呼ばれるようになったのです。

 

 

 

 

 

そして、『鏡開き』の「開」という字。

 

 

 

 

 

神社の鳥居のように見えますね。⛩

 

 

 

 

実は『鏡開き』とは『古事記』などで、有名な『岩戸開き』のことなんです。

f:id:TOTAN:20210111163535j:image

 

 

 

 

天照大御神』は太陽神です。

 

 

 

『年神様』そして『天照大御神』のパワーを宿す餅をいただき、その年を明るい年にするといった意味があったのです。

 

 

 

 

 

また、『岩戸開き』で開いた岩を投げ飛ばした神様である、『天手力男アメノタヂカラオ)』は「力の神様」になります。

 

 

 

 

こういった所から「力もち」ということばがあるのです。

 

 

 

 

 

さて、話は変わりまして1月11日はもうひとつ、『蔵開き』の日となっています。

 

 

 

 

これは商家などが新年があけ初めて蔵に入っていたものを出して、出荷させる日となっており、この時に家族全員で集まり縁起物の鏡餅を「雑煮」や「ぜんざい」にして食べるという風習になります。

 

 

 

 

この「ぜんざい」の語源も面白く、一説には毎年、10月に『出雲大社』に神様がみんな集まり、「今年はどのような年であったか。そして、来年はどのような年にしていこうか?」などと話し合う会議が開かれています。

 

 

 

だから10月が出雲地方と長野県の諏訪地方以外では『神無月』とよぶんですね?

 

 

 

 

逆に神様が集まる出雲地方と諏訪地方は『神在月』とよばれています。

 

 

 

 

諏訪地方?と思う方もいらっしゃると思いますが、ここ諏訪地方で有名な神社の『諏訪大社』。

 

 

 

この神社の神社の主祭神は『建御名方神タケミナカタ)』になります。

 

 

 

 

建御名方神』は『大国主神オオクニヌシ)』の2番目の子で、水龍の神様でもあります。

 

 

 

 

龍である『建御名方神』はそのあまりに大き過ぎる姿のために、その場所にいながらでも『出雲大社』に届いてしまうために、この地域でも『神在月』と呼ばれているのです。

f:id:TOTAN:20210111172859j:image

 

 

 

 

話は戻しまして、この会議の時に振る舞われるのが「神在餅(じんざいもち)」であり、これが訛って、「ぜんざい」となったという説があります。

f:id:TOTAN:20210111183612j:image

 

 

実際、『出雲大社』の参道には「ぜんざい屋」が多くあり、名産品ともなっているので訪れた際には、是非ご賞味ください。

 

 

 

 

 

 

また、「雑煮」も日本各地で味の違いがあり、京都府など関西地方では「白味噌」を使った「雑煮」が定番となっています。

f:id:TOTAN:20210111181536j:image

 

 

私はまだ食べたことが無いので是非、一度は食べてみたいですね。

 

 

 

 

 

そんなたくさんの歴史が詰まった1月11日。

 

 

 

 

皆さんも家族団欒で楽しい『鏡開き』にして下さい。