ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 https://analytics.google.com/analytics/academy/certificate/TiepweC8SKqeaAXTDSMm8A

世界最古の国『日本』

神社仏閣 旅行 グルメ 日本神話 歴史 都市伝説にまつわる事を書いています。是非ご覧ください。

2020年ジャパンカップ

今年は、史上初の無敗3冠牝馬「デアリングタクト」。

 

 

 

 

偉大なる父、「ディープインパクト」と父子で史上初の無敗3冠牡馬「コントレイル」。

 

 

 

 

そして、史上初のG 1・8冠馬にして、2年前に牝馬3冠、その年の『ジャパンカップ』も制した「アーモンドアイ」。

 

 

 

 

この3頭を筆頭にぶつかり合い、過去最高に注目が集まる今年のレース。

f:id:TOTAN:20201127181221j:image

 

 

 

 

 

実は過去にも、このように注目の集まった名レースがありました。

 

 

 

 

それは今から36年前の第4回『ジャパンカップ』。

 

 

 

 

 

1年前に中央競馬史上、3頭目のクラシック3冠馬となった「ミスターシービー」。

 

 

 

そして、この年に史上初の無敗3冠馬になった「シンボリルドルフ」が激突した日本競馬史に残るレースとなりました。

 

 

 

 

しかし、優勝したのは10番人気の「カツラギエース」。

 

 

 

 

さらに、『ジャパンカップ』史上初めて日本生産馬が優勝すると言うまさに歴史に残るレースだったのです。

f:id:TOTAN:20201127185609j:image

 

 

 

 

 

 

その後、『有馬記念』でこの3強馬が1着・2着・3着を独占。

 

 

 

ここで新たな名勝負が生まれました。

 

 

 

 

さて、36年前といえば『子年』。

 

 

 

 

 

2020年1月1日に『日刊スポーツ』で『子年の政変率83%』と言う記事をいち早く、報道しました。

 

 

 

戦後、『子年』の時に6回中5回が政権交代が起きており、実際に今年も「首相退任」をしています。

 

 

 

 

これで7回中6回と確率を85%に伸ばして、このジンクスをさらに上書きすることになりました。

 

 

 

 

そして唯一、『子年』で政権交代がなかった年。

 

 

 

 

 

それが、36年前の1894年なのです。

 

 

 

 

しかし、この年も政権こそ変わっていないものの、当時の自民党内でも内部では権力争いが勃発していました。

 

 

 

 

 

さらに『日本』で開催されたオリンピックの年は100%政権交代が起きていました。

 

 

 

 

ここまで来るとさらに何か起こるような気がしますよね。

 

 

 

 

ただ、政権交代とは決して悪いことがあったわけではなく、その前の政権よりも国を良くしようと起こるものです。

 

 

 

 

言わば、新時代。

 

 

 

そして、『子年』とは十二支で一番最初にくる干支です。

 

 

 

 

これは植物でいうと、子孫を残し成長するための最初の段階。

 

 

 

「種子」を表しています。

 

 

 

 

また、為替相場の世界では『子年』は繁栄を示すと言います。

 

 

 

特に今年は新型コロナの影響で、今までの生活スタイルが一変しました。

 

 

 

 

まさに、新時代のはじまりと言えます。

 

 

 

 

ちなみに私個人として、先日『安馬さま』な総本宮と呼ばれる、茨城県にある『大杉神社』に参拝してきました。

f:id:TOTAN:20201128100724j:image

 

 

 

 

この神社の境内には『勝馬神社』と言う珍しい神社があり、そこにはJRAの「美浦トレーニングセンター」の関係者が毎年、参拝するので有名です。

f:id:TOTAN:20201128104808j:image
f:id:TOTAN:20201128104817j:image
f:id:TOTAN:20201128104813j:image

 

 

 

また、競馬ファンにも絶大な人気を誇る神社としても有名なので、是非一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

f:id:TOTAN:20201128105110j:image

 

 

 

 

 

そして、この本社には他にもたくさんの見所がありますので、また違う機会にご紹介したいと思っています。

 

 

 

 

さて、明日はいよいよ日本競馬の祭典。

ジャパンカップ』。

 

 

 

 

 

どの馬が勝っても負けても、歴史的レースになることは間違いありません。

 

 

 

 

『子年』と言う新たな時代に、皆さんも夢を託してみても良いかもしれません。